結婚

結婚への不安を解消する方法3選!お互いに歩み寄って解決しよう!

今の恋人とこのまま結婚していいのかな・・・。

今まで一緒に生活したことがない相手と急に共同生活する訳ですから、
当然不安です。

結婚前に訪れる不安感を「マリッジブルー」と呼びますが具体的に
どんな不安があるのか、その解消方法についてまとめてみました。

1. 彼の経済力があるか

結婚すると出費が増えます。

引っ越し、家具、家電の購入など予想以上に出費するものです。

一人暮らしなら出費を自分で調整することができますが、結婚すると、
住宅ローン、子供が生まれたあとのお金も増えるので家計のやりくりは大変です。

最近は夫婦共働きの家庭が増え、年収をお互い知らない夫婦別財布の家庭や生活費を渡さない男性もいます。

結婚した後も独身のときと同じように趣味や旅行にお金をつぎ込む男性もいます。

このような男性では、妊娠、出産で今までのようには働けなくなったとき、彼のお給料だけで生活できるのか不安を覚えます。

まずは、男性に結婚した自覚を持たせ家庭を持つのなら自分の好きにお金が使えないことを説明すべきです。

一人暮らしを経験した男性なら金銭感覚がしっかりしていることが多いのですが、実家暮らしだと家族任せで家賃・水道・ガス・光熱費など相場が分からないことがあります。

何にどのくらい出費がかかり生活費はいくらかかるのか、お金について結婚前に話し合うのがおすすめです。

2. 彼の両親や親戚と上手くやっていけるか

結婚すると彼の両親や親戚との付き合いがあります。

付き合っているだけなら、そんなに関わることもないと思いますが、結婚すると
お盆、正月など顔を合わせる機会は増えます。

彼のことは大好きでも彼の両親や親戚とは相性が良くないという人も多いのでは?

最初から彼と同じように好きになることができなくて当然です。

彼の御家族も長年愛した息子が結婚した寂しさもあるでしょうし、姑さんはなかなか
見る目も厳しいものです。

大事なことは「歩み寄る姿勢」です。

彼の家族は自分の家族と価値観が違うところはあると思います。

そのことを受け入れ、歩み寄ろうという姿勢が見えれば、彼の家族もあなたのことを
受け入れてくれるのではないでしょうか。

3. 結婚式の準備に協力的か

結婚式は女性にとって一大イベントです。

結婚式の会場を決めるにも時間はかかります。

毎週のように休みの日は会場見学を行うので、付き合わされる男性は疲れてきます。

男性はもともと女性ほど結婚式の準備に乗り気ではありませんし結婚式は出費が多いので
できるだけコストを抑えたプランで行いたがります。

一方女性は結婚式にこだわる人が多いのでお金よりも満足度を重視します。

引き出物や招待客に出す料理についても相手と話し合うことになります。

意見が合わない、相手が協力してくれない理由から結婚式の準備で喧嘩するカップルは
多いです。

せっかくの結婚式なのにこのような行き違いをなくすためには、どうしたらいいでしょうか?

そもそも男女で考え方は違うと理解した上で、感情的にならず伝えることです。

結婚式は共同作業なので、片方の意見だけが通るのはおかしな話です。

相手の言い分を聞いた上でどうしても妥協できない部分だけをピックアップして相手にも
理解してくれるよう伝えてみましょう。
</span >

あなたのことを愛してくれているなら多少のことはあなたに合わせてくれるはずです。

まとめ

 

結婚に対しての不安は一人で抱え込むと相手への不信感へと繋がります。

一人で悩まないで早い段階でどんなことを不安に思っているか話し合ってください。

結婚すると環境は変わるのでストレスは必ず溜まります。

違いをマイナスと捉えるのではなく二人で乗り越えると考えると、結婚への不安は減っていくはずです。