未分類

結婚のメリットがわからない!自然な形の結婚をおすすめします!

女性の結婚メリット、デメリット

独身でも十分楽しめる時代、結婚に関して考えは様々です。

早く結婚したいと考える人もいれば結婚して何のメリットがあるの?

今回は結婚のメリットとデメリットについてご紹介します。



結婚のメリット

1. 結婚は経済的に安定する

経済的な安定を求めて結婚する女性は多いです。

女性の社会進出が進み、共働きが当たり前になった現代は、
「夫の扶養に入るもの」「夫が養ってくれて当然」という考えは
減ってきていますが、それでも男性のほうが平均年収は高いです。

結婚すると家賃・生活費の負担が減るのは大きいメリットです。

夫婦共働きの場合は、余ったお金を貯金に回すこともできるでしょう。

2. 社会保険・税の優遇というメリット

同棲と結婚のメリットの大きな違いは社会保険や税の優遇があると言えます。

無職でも原則、社会保険(健康保険と年金)は加入しないといけません。

結婚していると夫の社会保険(健康保険と年金)に扶養に入ることができるので、
保険料の支払い負担が減ります。

配偶者控除が受けられるのでサラリーマンは税金が減ります。

3. 結婚して家族になると安心感が得られる

結婚するとカップルでは感じられない安心感を感じられます。

日本では法律婚でないと世間に認められない風潮が残っています。

毎日一緒に居られる事と、何かあった時にお互い協力して助けあえるのはとても
安心です。

4. 結婚しないといけないという焦りから逃れられる

独身だと実家に帰った際、家族や親戚から「結婚はまだなの?」と
プレッシャーをかけられることがあります。

友人の結婚式に行っても出席者の友人のほとんどが既婚者だと
自分だけ取り残された気分になり、結婚しないといけないという焦る気持ちが
強くなります。

5. 自分の子供を安心して持てるメリット

結婚しても子供を持たないという考えもあります。

未婚でも子供を持つことは可能です。

しかし、子供を産んでもなかなか保育所に預けられない、育児で今までと
同じようには働けないこともあります。

そんな時、結婚していれば、夫の収入があるので一人で育てるより経済的に安心です。

子供がいることで夫婦関係もより絆が増えるでしょう。



6. 働き方を選ぶことができるメリット

結婚してもこれまでと同じように働き続ける女性も多いですが、昔は
寿退職で会社を辞める女性も多くいました。
独身時代は残業が多く休みも少ないハードな生活を送っていた女性も
結婚を機会に家庭の為に時間を取りたい女性向けのパートなど働き方
を変えることもできます。

結婚のデメリット

1. 使えるお金が少なくなる

結婚すると独身のように自由にお金を使うことができません。

家計をやりくりする場合、出産・子育て・住宅ローンなど家族の為に使うお金が
優先されるので化粧品代・洋服代・美容院代・交際費などはなかなか捻出できません。

2. 結婚後の改姓による手続き

一般的に結婚すると夫の名字を名乗ることになります。

銀行、クレジットカード、パスポート、保険証、免許証、パスポート、会社の改姓手続きなど手続きが非常に多いので面倒です。

3. 結婚後、義理の両親・親戚付き合い

結婚すると夫の両親や親戚との付き合いがあります。

長期の休みに独身なら好きに旅行に行けますが、結婚すると、
夫の実家に一緒に帰る、家族行事に参加するなどあなたの時間は自分の
為には使えなくなります。

義理の両親が高齢になった場合、一緒に同居することや介護することも
考えておかなければなりません。

4. 結婚・出産によりキャリアが築けない

結婚すると自分の仕事より夫の仕事に合わせることが多くなります。

夫の転勤で退職すると今まで築いたキャリアを捨てることになります。

結婚後も同じ会社に勤務し続けた場合でも産休・育休で仕事を休むのは女性です。

つわりで体調が悪い中同じように働くことが難しく退職することもありますし、
育休明けの復帰がなかなか思うようにいかないこともあります。

日本ではまだまだ育児と仕事の両立は難しいです。育児に専念している間、その後の
定職に就くことが難しくなります。

参考記事

結婚の不安を解消する方法

結婚のメリット、デメリットまとめ

損得勘定で考えたら結婚はできません。結婚した後は何が起こるか分からないので、
経済的安定を求めて結婚しても急に夫の会社が倒産!ということもあるかもしれません。

損得勘定抜きの、自然な感情で結婚したいと思える相手と結婚しましょう。